暗号資産

【初心者向け】GMOコインでビットコインを損せずに買う方法

本記事は仮想通貨取引所GMOコインビットコインを買う方法を解説しています。

こんな人にオススメです

  • 仮想通貨は販売所ではなく取引所で買え、と言われてきたんですが?
  • 取引所での買い方がさっぱりわからないんだけど…
  • 取引所は難しい用語だらけです。販売所で買った方が楽ですよね?

こんなことをちょっとでも感じているならこの記事はオススメです。

よく「仮想通貨は販売所じゃなくて取引所から買って」といわれますよね。理由は販売所での購入だと余計な手数料がかかるから。

なるほど、それはわかりましたと。

ただ取引所で全員問題なく買えますか?といわれるとそれはそれで難しいわけです。

ゆーじゅ

わたし自身、これを初めてみたとき顔が引きつりました…

取引所で買うのって敷居が高いのです。

今回はそんな過去の自分を救うために、実際にビットコインを購入できるまでのSTEPを解説していきます。

ポイント

  1. GMOコイン取引所でビットコインが購入できるようになる
  2. 難しい単語の意味を理解することで、仮想通貨をよりお得に購入できる
  3. ビットコインだけではなく他の仮想通貨購入にも応用できる

知っているのと知らないのでは大きく差がついてしまいます。この記事を読めばほかの人より一歩先に進める。そんな内容になっていますのでぜひ最後まで読んでいってください。

GMOコイン公式サイトはこちらから

GMOコインでビットコインを買う前に覚えておくこと

結論、取引所ならどんな買い方をしても損はしません

仮想通貨はGMOコイン取引所成行注文で購入する。

これだけおぼえればOKです。

もともとGMOコインは他の取引所よりも手数料が安く、仮想通貨を購入するなら一番に開設してほしい取引所になります。

ゆーじゅ

普段のわたしもGMOコインで仮想通貨を購入しています

GMOコインの取引所でビットコインを買う方法

購入までの流れは以下のとおりです。

購入の流れ

  • 取引所の現物取引を選択。購入したい仮想通貨を選択する
  • 購入方法(成行・指値)を選択する
  • 指値の場合、注文タイプとレートを指定する

もっとも簡単な購入方法は成行注文です。購入方法はとてもシンプルで、必要な量を入力するだけで完了です。

取引所での購入が難しいと感じている人はまず成行注文をしてみましょう。

取引所での購入方法

では早速実践です。GMOコインでのTOPページからスタートしてください。

まずは取引所の現物取引を選択。今回は購入の対象にビットコインを指定します。

上下に価格が展開しているこの図がとよばれるものです。売買したい人がこの板の中に注文を入れていくイメージです。

ではここからは実際に仮想通貨を購入してみましょう。

成行注文でビットコインを購入してみた

いやだから成行ってなんだよって話なんですが、成行注文とはより早く購入することを重視した買い方です。

取引所(成行注文)

  1. 成行or指値で成行を選ぶ
  2. 売買区分を買うにする
  3. 取引数量を入力(取引所によって最小購買量が異なる)
  4. 確認画面で注文内容を確認後購入へ

これだけで手数料やスプレッドをおさえてビットコインが購入できます。

購入内容を確認して最後に確定。

購入できると取引一覧にこのように表記されます。

成行注文の特徴としては、とにかく今の価格で即座に購入できるのがポイントです。

注意すべき点として、価格変動が非常に激しい状態では思わぬ金額をつかんでしまうことがあるため、成行注文をする際は市場の状況についても頭に入れておくようにしましょう。

指値注文でビットコインを購入してみた

取引所(指値注文)

  1. 成行or指値で指値を選ぶ
  2. 売買区分を買うにする
  3. 取引数量を入力(取引所によって最小購買量が異なる)
  4. 注文タイプは指値を選択
  5. PostOnlyは余裕があればチェックをつけておく(つけなくてもOK)
  6. 横のボックスは『指定なし(FAS)』のまま
  7. 注文レートで購入したい金額(レート)を記入
  8. 確認画面で注文内容を確認
  9. 取引が成立すれば購入したことになる

指値注文とはよりお得に購入できる方法です。

成行注文は早さを重視していますが、こちらは購入方法を細かく決めることで、よりお得に購入できる方法です。

指値注文の特徴として、希望価格・条件が揃うまでは取引が成立しないというものがあり、条件設定によっては成立までに時間がかかることがあります。

GMOコインでの購入がオススメな理由

GMOコインがオススメな理由は手数料がほぼ無料で、かつ取引所で欲しい通貨が購入できるからです。

GMOコインがオススメな理由

  • 取引所で購入できる仮想通貨種が多い
  • 海外取引所を利用するならGMOコインがコスパ最強
  • 購入方法によっては手数料をもらうことができる

これらについてみていきましょう。

取引所で購入できる通貨が多い

よし取引所で買おう!と心に決めたとしても少し待って下さい。

口座開設したところによっては欲しい通貨が販売されていないことがあります。

ゆーじゅ

国内取引所のなかには、そもそも取引所が存在しないところもありますよ

以下のグラフをご覧ください。

取引所名コインチェックビットフライヤーGMOコインbitbankGMM
Bitcoin
取扱通貨数
(販売所)
1815201415
取扱通貨数
(取引所)
41(BTC)1215なし
引用:Coincheck,bitFlyer,GMOコイン,bitbank,DMMBitcoin

GMOコインではビットコインを含めた12銘柄以上の通貨を取引所で販売しています。これは他の取引所と比べてもかなりの取扱数です。

だからどうしたという話なのですが、これは海外取引所などを利用する際に少し響いてきます。このときもGMOコインを利用することでかなり手数料をおさえてやりとりができるようになります。

GMOコイン公式サイトはこちらから

手数料がもらえる購入方法があるから

GMOコインでは手数料を心配する必要がほとんどありません。

取引所であれば、このように手数料がもらえるような購入方法があります。方法はとても簡単で、

注文方法を指値にしてPostOnlyにチェックを入れるだけです。

これだけで取引が手数料をもらえる設定に固定できるため、結果として手数料を得ることができます。

デメリットは取引成立までに時間がかかってしまうことですが、時間に余裕があれば確実に手数料がマイナスになる手法なので手数料をおさえることができます。

販売所での購入はダメなの?

取引所ではなく販売所での購入がオススメな人は以下のとおり、

販売所のメリット

  • 直感的にすぐ購入ができる
  • 難しそうな単語がなく、初めてでも購入しやすい
  • 仮想通貨を購入する頻度が少なめなとき

このような人は販売所での購入でも大丈夫です。

ただ正直なところ販売所はオススメしません。なぜならスプレッドによって3%前後の手数料がかかってしまうからです。

もうめんどくさい、さっさと買わせて。という人はそれでもOKでしょう。

ちょっと手数料はいやだな、とおもった人は販売所ではなく取引所から購入するようにしてください。

取引所での購入がよりお得に。知っておくべき豆知識

取引所での購入において購入の仕方やその理由について知っておくことは、いざというときの経験になります。

知っていると得をする3パターン

  • 成行と指値の違い
  • 逆指値とは?
  • 執行数量条件について

簡単にいえばこれらは仮想通貨をより細かく購入する方法となります。

手をかければかけるほどこだわりの品が買えるようなものなので、購入できればそれでいいという人には少し難易度が高い手法です。

成行と指値の違い

成行と指値注文についてまとめてみました。

細かく買いたいときは指値、とにかく今すぐ購入したいときは成行といったように、状況や自分のスタイルに合わせてそれぞれを使いわける運用がベストです。

逆指値とは。特定の条件下で役に立ちます

逆指値について簡単に解説すると、

  • 指値:金額が下がったら買う。金額が上がったら売る
  • 逆指値:金額が下がったら売る。金額が上がったら買う

と、指値とは逆の動きをするのが逆指値です。

利益をあげる運用とはまるで真逆の行動とおもってしまいますが、明確な意図をもって逆指値を行った場合には、この動きがメリットとなることがあるのです。

逆指値がメリットになるとき

  • 最低限の利確
  • はやめの損切
  • 上昇トレンドにいちはやく乗る

このように逆指値を設定しておくことで、利益最大時点からの急落にも耐えられる運用ができます。最大利益を獲得できなくても、最低限の利益を得られれば、という考え方ですね。

急な下落により最大損失となる前に利確し、最低限の損切でダメージをおさえる方法です。

こちらはチャートが上昇トレンドを示したときにいちはやく掴めるかという際に用います。

執行数量条件でさらに細かく購入できる

取引を完了させるときにもさらに細かく注文をつけることができます。

  • FaS:受付時に約定可能な枚数を確定させ、未約定分は板に残る
  • FaK:受付時に約定可能な枚数はすべて約定し、残りをすべてキャンセルする
  • FoK:すべて約定しなければ、注文そのものをキャンセルする
  • SOK:指値注文においてMakerにならない場合、その全量を失効させる

例として指値注文(買い・指値3000円・30枚)をしてみます。

板には売り・指値3000円・20枚があるとします。

約定条件
注文属性
約定内容
FaS①3000円・20枚
②残り10枚を注文待ち
FaK①3000円・20枚
②残り10枚の注文をキャンセルする
FoK全量約定しないので注文そのもの
がキャンセルされる

GMOコインでは特に選択しなければ指値注文はFASでの注文となっています。

GMOコイン公式サイトはこちらから

まとめ

最後にまとめです。

まとめ

  • 取引所で購入するならGMOコインの取引所で成行注文がもっとも簡単
  • 海外取引所を利用するなら、取扱通貨が多いGMOコインが最適
  • 時間に余裕があるなら指値注文でよりお得に購入しましょう

資産形成以外にも仮想通貨の使い道はさまざまあります。

仮想通貨を購入したいという人も、いろいろなことに触れていきたいと考えている人も両方にメリットがあるのがGMOコインです。

仮想通貨という世界に入っていくための入門編としてぜひこの取引所を活用してくださいね。

それではまた次の記事で。

-暗号資産